本文へスキップ

四谷動物病院 新宿区・千代田区・渋谷区・港区・文京区・四ッ谷

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-5363-5593

〒160-0007 東京都新宿区荒木町18-7

ウサギの病気

ウサギは完全な草食動物で、高繊維食を消化するため咀嚼、発酵、吸収、食糞を行います。
狙ってくる肉食動物から早く逃げるため体も特殊な進化を遂げてきました。体重を軽くするために骨は薄く、後肢は非常に発達しています。耳が大きいのも音を探知するのに非常に適しています。

そんなウサギがなりやすい病気についていくつかご紹介していこうと思います。


不正咬合


 生涯にわたり歯が伸び続けるウサギは、牧草などの高繊維食で自ら歯を磨耗させて丁度いい長さの歯に自然と調節出来ます。しかし、先天的に歯の伸びる方向が曲がっていたりしていると磨耗することが出来ません。
また、先天的には正常でも不適切な食餌(柔らかいフード、ペレット中心など)を続けていると、その磨耗が起こらず歯が伸び続け採食不能となります。一般的には、不適切な食餌という因子に遺伝的な要素が関わって発症する事が多い様です。
うさぎ臼歯不正咬合うさぎ門歯不正咬合 頭部側面レントゲン
不正咬合には臼歯(奥歯:レントゲン上)の不正咬合と切歯(前歯:レントゲン下)の不正咬合があります。どちらかとは限りません。
ウサギ舌潰瘍 切歯の不整咬合はご家族の方にも発見しやすいのですが、臼歯は口の奥のほうを見ないと分かりません。その為病院での診察(視診やレントゲン)で見つかります。(麻酔はいりません)
臼歯の不整咬合は、切歯の不整咬合から二次的に発症することも多いのですが、歯根部も伸長し(レントゲンで診断します)、それが下顎であれば下顎の腫れ、上顎であれば流涙・眼球突出に発展することもあります。
また、ただ過長になるだけでなく伸び方や磨耗の仕方によっては鋭利なトゲを形成し、頬の内側や舌を傷つけたり(舌に潰瘍形成:レントゲン)疼痛を起こします。

このように歯牙疾患は様々な症状として表れますので、食餌内容の確認と定期的な病院での健康診断が大切になります。

歯の疾患との関係が疑われる症状
@食欲不振
A唾液が過剰
B黄色っぽい目ヤニ
C眼が出てきた
D顎(上下)を触られるのを嫌がる
E下顎が腫れてる(膿瘍)
F涙が多い

不整咬合の処置は、
切歯の調節:麻酔は要りません。10分ほどの処置となります。
臼歯の調節:処置の程度によって短時間〜の麻酔が必要となります。

短期間で繰り返し処置が必要な子の場合は、負担を軽減するため抜歯を検討する事もあります。




毛球症

ウサギは几帳面にグルーミングをしますが、この時飲み込んだ毛が固まりになって消化管を閉塞させます。
ウサギは胃の噴門括約筋が非常に発達しているので、嘔吐することが出来ません。
起こりやすい要素としては、長毛種という品種、換毛期というタイミング、そして低繊維の不適切な食餌です。
症状としては
@食欲不振
A排便の減少(数・大きさ共に)
毛球症  消化管造影(左側が頭 右側が尾)胃の中に多量の食塊が見られる。

そして、より激しい急性鼓腸の症状は短時間に突発し、元気だったウサギが突如として食欲飲水廃絶となりうずくまって、痛みのあまり歯ぎしりをする事もあります。
急性鼓腸は、体温低下と抑うつ、虚脱が急速に進行することもある緊急疾患です。

予防は、ブラッシングと高繊維食(牧草)です。それ以外にも毛球予防剤や蛋白消化酵素、そして運動が有効です。

治療は、輸液と消化管に働く薬剤を中心に、症状に合わせ鎮痛薬を使用しての内科療法を行います。
しかし、症状と経過によっては外科手術が唯一の選択肢となるケースもあります。
毛球症オペ 内科療法に反応がみられず開腹手術にて胃内より摘出。
被毛と餌が硬く団子状になっている。

四谷どうぶつ病院吉祥寺どうぶつ病院

〒160-0007
東京都新宿区荒木町18-7
TEL 03-5363-5593 予約優先
9:30-12:00 16:00-19:00
水曜休診 
日祝も通常通り診療

グループ病院

吉祥寺どうぶつ病院吉祥寺どうぶつ病院 HP
東京都武蔵野市中町3−23−11
TEL 0422-55-1715
 木曜休診